当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

むちうちなら茅場町駅前整骨院

茅場町駅前整骨院

坐骨神経痛

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    坐骨神経痛の悩みとしては、一つは、お尻から、足先にかけての痺れ
    骨盤が歪んだり、筋肉が硬いと神経を圧迫します。

    坐骨神経痛の悩みは、姿勢が、歪み、腰の辛さを誘発します。ぎっくり腰が、起きやすくなったりします。

    坐骨神経痛の悩みは、歩いたりすると、痺れが起きやすくなったり、悪化するとヘルニアなど起きやすくなったりします。

    坐骨神経痛の悩みは、梨状筋症候群などにも非常になりやすいです。

    もしくは、常に痺れを誘発しやすくなるので早急に治療はしないとダメです。

  2. 坐骨神経痛に対する当院の考え

    明るい挨拶

    坐骨神経に対する当院の考えは至って簡単で、治療を頻繁に行ってもらう事です。まず、骨盤矯正、姿勢が悪い患者様がほとんどなので、絶対に骨盤矯正を提案しています。骨の位置が悪いと筋肉硬くなるし、神経を圧迫しているので、そこを整えればかなり体の負担も減っていきます。茅場町駅前整骨院の患者様は、デスクワーク、在宅ワークが主流なので、日常生活の負担が他の方より多いので、症状も悪化はしやすいので、骨盤矯正だけではなく、ストレッチ指導など徹底しております。鍼治療も勧めておりますが、柔道整復師でもやれる事はたくさんあるので、患者様に指導します。

  3. 坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    椎間板ヘルニア

    椎間板ヘルニアは、20~40代の年代の人が発症しやすい疾患です。という組織が押し出され、脊柱管の中を通っている神経を圧迫することによって痛みやしびれを起こします。
    脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

    脊柱管狭窄症にもなりやすいです。特に50代を超えると、より発症しやすくなります。脊柱を圧迫されると神経がたくさん通っていて、痺れなどを誘発されやすくなります。
    梨状筋症候群 梨状筋はお尻にある筋肉の一つです。坐骨神経が骨盤出口部で、股関節を支える梨状筋を圧迫、または刺激を受けることにより、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べると珍しいだそうです。

  4. 坐骨神経痛の軽減方法

    明るい挨拶

    日々の習慣から自然と身についてしまった悪い姿勢は、腰に大きな負担をかけています。腰に負担がかかるような姿勢、例えば中腰や前かがみの体勢を長時間とらないように気をつけるように、茅場町駅前整骨院では、坐骨神経痛の患者様は非常に多く、坐骨神経痛の患者様は、骨盤矯正を進めております。筋肉ほぐすのも、非常に大事なのですが、骨の位置を元に戻すのが1番の近道でございます。骨盤の位置、姿勢を戻すと体への負担が最小限になるので、非常に楽になります。茅場町駅前整骨院の患者様はデスクワークが、多いので、
    骨盤矯正を進めていきます。

  5. 坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    骨盤矯正や、電気、ストレッチなど様々ありますが、1番は骨盤矯正だと思います。1ヶ月やっていけば、まず痛みや、痺れが消えていくので、茅場町駅前整骨院では、まず、動きの確認と痺れの範囲を検査します。鍼治療もいいと思います。指圧でもかなり、緩まるので、保険のみの治療も積極的に進めています。
    茅場町駅前整骨院ては、デスクワークの患者様がたくさんいらっしゃるので、
    痺れが出る患者様がたくさんいます、ヘルニアに繋がらないように症状を伝えていき、契約に繋がって頂ければと思っておりますり電気で筋トレでも、筋力ついて対策になります。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    姿勢が良くなっていければ、日常生活の負担もかなり減っていき、坐骨神経支配の筋肉の負担も減っていくので、非常に効果的です。鍼治療で、筋肉の通り道を作る事非常に大切になるのですが、根本的に治療するには骨をなんとかするのが、1番早いです。茅場町駅前整骨院でも、坐骨神経痛のかんじゃさまがいましたが、当院の骨盤矯正を続けて痺れがなくなっていっているので、進めています。それでも良くならない方は筋膜ストレッチという、治療を進めています。

  7. 改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    施術の頻度は、毎日は必要にはなります。理由としては、根本的に治すのならば、絶対に毎日必要にはなってきます。
    姿勢を治すのは、毎日きて頂きたいです。自宅でもセルフチェックは茅場町駅前整骨院でも、患者様にゆっくり湯船につかるなどで身体を温め、ストレッチなどを指導しています。最低でも週2回はくるように来院指導していきます。

  8. 坐骨神経痛関連でよくある質問と回答

    明るい挨拶

    • Q. 坐骨神経痛ってなにが原因で起きるの?
      A. 坐骨神経痛は腰からお尻、太もも裏の筋肉が硬くなってしまうことで起こります。お尻の筋肉は何枚も層になっていすのですが、そこに大きい神経の出口があり、そのまま太ももの裏、ふくらはぎを通っていきます。その部分の筋肉が硬くなると、神経を圧迫し、痛みやしびれ、重だるさなどが出てしまいます。なぜお尻周りの筋肉が硬くなってしまうかというと、現代人に多いデスクワークによる座りっぱなしによる負担と、骨盤が後ろに傾くことによる筋肉への負担が多いです。座りっぱなしになると、お尻が常に圧迫されてしまい、腰から下の血流不足になります。

    • Q. 坐骨神経痛を治すためにはどんな治療をすると良いの?
      A. 坐骨神経痛を治すには、神経を圧迫している筋肉を緩める必要があります。なので筋肉の表面をしっかり伸ばす「筋膜ストレッチ」と筋肉の奥深く、神経に負担をかけている部分まで効かせる「鍼治療」がオススメです。筋膜ストレッチは腰からお尻、太もも、ふくらはぎまでの筋肉や表面の筋膜をしっかり伸ばす治療です。自分ではなかなか出来ない力加減で伸ばすことが出来るため、運動不足の方や、デスクワークの方にオススメです。鍼治療は普段は絶対に届かない奥深くの筋肉に激しい痛みや強いしびれがある方にオススメです。

    • Q. 坐骨神経痛を治すためにはどんな期間治療を受ければ良いですか?
      A. 坐骨神経痛を治すにはとても長い時間が必要です。本来手術をする程の症状のため、整骨院での保存療法となると根気よく治療を続ける必要があります。筋肉や骨格の細胞が生まれ変わる周期が3ヶ月周期と言います。筋膜ストレッチや鍼治療を続ける場合は最低でも3ヶ月続けないと効果を感じることは難しいです。激しい痛みが出ている方の場合は最低6ヶ月、慢性的にずっと症状が残っている方はしっかり1年ほど治療を続けて頂くことをオススメします。また、鍼やストレッチだけではなく、EMSなどで周りの筋肉を動かす治療などもオススメです。

▲ページの先頭へ戻る

茅場町駅前整骨院のご案内

【住所】〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-1 AXIA日本橋茅場町1F 【電話】 TEL:03-5651-7739

茅場町駅前整骨院景観
受付時間 土・日・祝
10:00~14:00 11:00~17:30
16:00~21:00

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

東京メトロ「茅場町駅」3番出口から徒歩1分!

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

日本橋茅場町、新川、日本橋箱崎町、八丁堀など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る